klv_00

露出で毛穴ばれちゃうよ

肌を露出する季節になると、無駄毛が気になるという方は多いはずです。

最近は手頃な価格で処理をしてくれるショップなども増えてきましたが、まだまだ自分で脱毛をしているという方も多いはずです。

私も自分で処理をしている部分と医療機関を利用して処理をした箇所があります。

昔から気になっていて、汚いと思われるのが嫌だったのが、脇の下です。

中学生の頃から自己処理をしていたのですが、綺麗に処理することもできず、自己処理を繰り返したのが悪かったのか、肌も黒ずんでしまいましたし、毛の生える処理がとても広範囲になってしまいました。

そこで、医療脱毛を利用したのですが、費用も3万円程度でしたし、通った回数も8回程度で現在もとても綺麗な脇の下を保持することができています。

医療脱毛は、皮膚科の指導の下に施されるので、何かトラブルがあったときでも安心ですし、専門医に相談することができるのでおすすめです。

費用は利用する医療機関によって差があるので、事前に調べておくと良いかもしれません。

腕や脚はとても毛が薄いので時々カミソリ処理をする程度で済んでいます。

自己処理のメリットはやはり、費用がほとんどかからないという事、それから自分の好きなタイミングで処理をすることができるという点ですね。

全身、エステや医療機関を利用して綺麗にしてしまうというのも自分の処理の手間を減らすにはとても便利ですが、私のように気になる部分だけそういう場所で依頼し、他は自己処理を併用するというのもいいのではないかと思います。

klv_04

プールや海に向けて毛穴を気にする人が多い

私は海やプールで泳ぐことが大好きです。

しかし小さいころはムダ毛の心配をすることなく、水着になることができていましたが、大人になるとムダ毛の処理やスキンケアを心配しつつ、それにあわせたケアをしなければ安心して水着になることができません。

そのためある程度の年齢になってからは海やプールに行く日の前日は準備がとても大変でした。

そんな中最近知ったのが脱毛のお店です。

とてもきれいにムダ毛を処理してもらうことができ、その効果が長続きするらしいのです。

自分で行う場合、カミソリやピンセットでお金をかけずにムダ毛を処理することができます。

しかしこうしたサービスをだれかに頼む場合、かなりのお金がかかるというイメージを持っておりました。

調べてみたところ、最近では脱毛のお店はかなりリーズナブルな価格で利用することができるみたいです。

学生割引があったり、初回割引、ショップが独自に発行しているクーポンがたくさんあります。

こうしたお得なクーポンを利用することでリーズナブルに利用することができるので、自分もそれならやってみようと思いました。

やはりプロによる毛穴の処理は素晴らしいものでした。

自分で行う場合、どうしてもうまくできなかったり、自分の見えない部分まで手がまわらないことがあります。

プロのスタッフに行ってもらうことにより、そうした心配やトラブルはありません。

きれいに毛穴の処理をしてもらったので今年の夏は楽しめそうです。

klv_03

意を決して永久脱毛にチャレンジ

毛穴の処理に悩む日々は御免だと、ついに医療施設で永久脱毛を受けることに決めました。

最もパワーのあるレーザー脱毛は痛みを伴うと聞きますが、それを我慢する覚悟は既に出来ていました。

それよりも、つい気にしてしまう剃り跡、抜き跡の存在を意識することなく、普通の生活を送れることを強く求めていました。

割と体毛の濃い部類だと知ってからは、常に周囲の目が気になり、何か言われるのではないかと不安で仕方ありませんでした。

この問題を解消しなければ、おそらく素の自分を出すことも出来ないはずです。

だからこその強い決心でした。

実際にカウンセリングを受けにいきますと、色々な部分で誤解していたことに気づきました。

そして訂正された内容を確認した後も、私の意志は変わりませんでした。

体毛の濃さや部位の違い等といった条件から、一概に何回受ければ施術は完了すると言えないそうで、もしものことを考えて、年にできるだけ多く受けられるプランを選択することにしました。

この回数で済めばそれだけのこと、あとは少しでも早くムダ毛から卒業するだけです。

医療施設での脱毛行為ですから、両親に受けることを伝えた時も、特に反対されることはありませんでした。

そして私自身も、それなりに施術中に痛みに耐える必要もありましたが、我慢できないレベルではなく、その後のケアもしっかり行ってくれるので、ただ綺麗になることだけを信じて通い続けました。

そうして規定回数内の施術で、ようやく区切りをつけることができました。

今は当たり前のように存在するツルツルの肌を触るのが楽しくて仕方ありません。

もちろん露出する事だって、これまで我慢してきた分を取り返す勢いで、今年は大胆にチャレンジするつもりでいます。